アプリ・サービス

【dTVの評判・口コミ】映画オタクの僕がdTVを使って分かったメリット・デメリット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の記事では、dTVに加入するかどうか迷ってる方に向けて

dTVって実際どうなん?
dTVのメリット・デメリットは?

といった疑問に、映画オタク的目線でお答えしていきます。

結論から言うと、dTVは

  • 月額500円という低価格で
  • 12万作品が見放題の
  • コスパの高い動画配信サービス

という感じです。

動画配信サービスを契約してみたいけど、月額1000円もかかるのはちょっとな…
と思っている方って、意外と多いんじゃないでしょうか?

そういう方にとって、月額500円で利用できるdTVは、ベストな選択肢になると思います。

今回の記事では、dTVを実際に使って感じたメリットはもちろん、デメリットについても触れています。
加入を検討されている方に参考にしてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

dTVを使って感じたメリット

映画オタクの僕が、dTVを実際に使って感じたメリットを、いつくかピックアップしてご紹介します。

dTVのメリット①:コンテンツの量

dTVの一番のメリットはやはり
12万という膨大な数の見放題作品
があることでしょう。

特に邦画は、他の動画配信サービスと比べて、かなり充実している印象を受けました。

このあたりは、海外の企業が運営しているNetflixやAmazon Prime Videoにはない、dTVならではの強みではないでしょうか?

dTVのオリジナル作品、独占作品も

dTVには、dTVでしか見られないオリジナル作品、独占作品も多数あります。

人気のオリジナル作品、独占作品をいくつかご紹介します。

「不能犯」
「銀魂 -ミツバ篇-」
「闇金ウシジマくん」
「相棒 -劇場版III-序章」
「悪の教典 -序章-」
「婚外恋愛に似たもの」

邦画からアニメ、バラエティ番組まで、ジャンルを問わずオリジナル作品、独占作品があります。

豪華キャストが出演している作品も沢山ありました。
日本発の動画配信サービスではdTVが、オリジナル作品、独占作品の充実度で頭一つ抜けてる印象です。

音楽・ライブ映像も

dTVはエイベックスが運営していることもあってか、音楽・ライブ映像も充実していました。

エイベックス所属アーティストはもちろん

DREAMS COME TRUE
東京事変
GLAY
BLACKPINK

といった著名なアーティストのライブ映像を見ることもできます。

動画配信サービスで音楽関連のコンテンツも見たい方は、dTV一択です。

音声付きの漫画も

dTVでは、音声付きの漫画という、ユニークなコンテンツもあったりします。

すべての漫画に、プロの声優が読み上げた音声が付いていて、動画として楽しむことができます。
実際に視聴してみましたが、漫画とアニメの中間のような、不思議な感じでした。

(例えが悪いかもですが、昔のボラギノールのCMをかっこよくしたような感じでした)

dTVのメリット②:便利な機能が豊富

動画試聴に便利な機能が充実しているという点も、dTVのメリットだと思います。

例えば、再生速度の変更機能
dTVでは再生速度を1.2倍速、1.5倍速にする機能が標準で備えられています。

スピーディーに流し見したいシーンは再生速度を速めて、じっくり見たいシーンは再生速度を戻して、
といった動作をとてもスムーズに行うことができます。

この機能、見たい映画が沢山ありすぎる!という人(僕)にとってはとても重宝する機能です。

また、字幕と吹き替えの切り替えもとてもスムーズです。

動画配信サービスによっては、字幕と吹き替えで作品ページ自体が別々になっているものもありますが、dTVでは再生画面でスムーズに切り替えることが可能です。

4K画質での視聴も

dTVでは、数は多くないですが4K画質のコンテンツも配信されています

実際に4Kテレビで、4K画質のdTVオリジナル作品「裏切りの街」と絢香さんのライブ映像を見てみましたが、めちゃくちゃ綺麗でした。

4K画質に対応している動画配信サービスは意外と少ないので、この点もdTVの強みと言えそうです。

dTVのメリット③:利用料金の安さ

dTVは月額500円(税抜)で利用することができます。

競合の動画配信サービスと比べても安く、かといってコンテンツの量が少ないわけでもありません。

hulu / 月額933円 / 60,000作品が見放題
dTV / 月額500円 / 120,000作品が見放題
U-NEXT / 月額1,990円 / 140,000作品が見放題

dTVはhuluの約1/2の料金でありながら、2倍の見放題作品数があります。
U-NEXTは見放題作品数はdTVを上回っていますが、料金は約4倍です。

dTVのコスパの良さ、なんとなく分かっていただけたでしょうか?

dTVを使って感じたデメリット

実際に使っていくうえで「ここはちょっとイマイチかも」というところも見えてきたので、そこもご紹介します。

dTVのデメリット①:有料作品もある

dTVには見放題の120,000作品とは別で、有料作品も多くあります。

それらの作品を視聴するには、別途料金を支払ってレンタルしなければなりません。

料金は映画は300円~500円、ドラマは200円~300円と、少々お高め。

有料作品がないNetflixやHuluのような動画配信サービスもあるのですが、それらのサービスは新作が配信されるまでに長いタイムラグがあります。

dTVだと、新作は有料作品として、素早く配信されます。
そのため、「有料作品もある」という点については、一概にデメリットとも言えない気もしますね。

dTVのデメリット②:複数デバイスでの視聴は不可

dTVでは、一つのアカウントにつき、一つのデバイスまでしか視聴できません。

例えば、
子どもにタブレットでアニメを見せつつ、自分はテレビでドラマを見る
というような使い方はできません。

1人でしか使わない方は基本的に問題はないと思いますが、複数デバイスでの同時視聴ができないことは頭に留めておきましょう。

dTVのデメリット③:ダウンロードでの視聴に注意

dTVのダウンロードした作品を視聴する機能には少々クセがあります。

まず、一番注意が必要なのが、ダウンロードした作品を見る際にデータ通信が必要になること

このデータ通信は、ダウンロードした作品を再生する前にそのユーザーの登録状況を確認するためのものです。
通信量は大きくはないですが、飛行機内など、インターネットが一切使えない環境での視聴は特に注意が必要です。

飛行機に搭乗する直前に、1秒だけでもいいので再生しておきましょう。そうすれば、問題なく視聴できました。

また、他にも
ダウンロードしていても、配信が終了したら視聴できない
という注意点があります。

「後で見ようとダウンロードしてたのに、配信が終わってしまっていた」
なんてことも起こりかねないので、配信期限は作品ページで確認しておくようにしましょう。

dTVの評判・口コミ

SNS上での、dTVの評判をいくつかピックアップしてご紹介します。

コンテンツの充実度の評判

邦画、アニメが充実している」という意見が多くありました。
また、dTVは子どもを含めた一般の視聴者向けのアニメが多く、dTVと同じくドコモが提供している「dアニメストア」は深夜アニメを中心に、アニメ好きの大人向けの作品が多い、という違いもあるようです。

再生機能の評判

倍速で視聴できる機能、やっぱり好評でした。
実際使ってみるとすごく便利ですし、この機能がない動画配信サービスも多いので、倍速機能はdTVの隠れた強みといえそうです。

dTVはPlayStation4での視聴に対応していないので、その点は注意が必要です。

利用料金の評判

dTVは動画配信サービスの中でも最安クラスなので、コスパは高いという意見が多かったです。
コスパ重視の方にとっては、dTVはとてもおすすめできます。

dTVはドコモユーザー以外だと、支払い方法がクレジットカードしかありません
クレジットカードを持っていない方は、親族に借りるしかなさそうです。

dTVと他の動画配信サービスとの比較

dTVと他の動画配信サービスはどんな違いがあるか?
にフォーカスして、比較していきます。

料金と作品数の比較

月額料金(税込み)見放題作品数
Amazonプライム
Prime Video
455円非公開
dTV500円120,000作品
FODプレミアム888円非公開
Paravi925円非公開
Hulu933円60,000作品
TSUTAYA TV
動画見放題プラン
933円10,000作品
Netflix
スタンダードプラン
1,200円非公開
U-NEXT1,990円140,000作品

dTVの料金は、Amazonプライムに次ぐ安さになっています。
動画配信サービスは税込1,000円以上するのが相場なので、コスパを重視する方はAmazonプライムか、dTVが良さそうです。

作品数については、dTVの2倍近い料金のHuluやTSUTAYA TVと比べても、dTVが上回っています。
作品数を公開していない動画配信サービスが多いので、比較はしづらいですが、dTVが作品数に強みがあるのは間違いなさそうです。

漫画や音楽、4K作品の配信状況の比較

漫画音楽4K作品
Amazonプライム
Prime Video
dTV
FODプレミアム××
Paravi×××
Hulu×××
TSUTAYA TV
動画見放題プラン
×××
Netflix
スタンダードプラン
×××
U-NEXT

dTVは低価格ながら、漫画も音楽も、どちらも楽しむことができます。
こちらの表からも、AmazonプライムとdTVのコスパの良さが分かりますね。

ちなみに、音楽と4K作品はAmazonプライムの方が充実していますが、漫画はdTVの方が充実していました。
また、dTVではMVやライブ映像を見ることができるので、そこはAmazonプライムにはないメリットかなと思います。

dTVをおすすめできる人 できない人

dTVの特徴を踏まえて、dTVがおすすめできない人はこのような感じです。

  • 複数人で使う予定の人
  • PS4で視聴したい人
  • 有料作品のない、完全見放題の動画配信サービスがいい人
  • クレジットカードを持っていない非ドコモユーザー

つづいて、dTVがおすすめできる人はこのような感じです。

  • コスパを重視する人
  • 邦画をよく見る人
  • 音楽を聞いたり、ライブ映像を見るのが好きな人
  • 漫画、アニメが好きな人
  • 4Kテレビ、4K画質のスマホを持っている人

上記に当てはまる人は、dTVを選ぶと幸せになれるかもしれません

dTVは31日間の無料お試し期間が設けられているので、気になった方はぜひ試してみてください!
期間内に解約すれば、一切料金はかかりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOXIC BASE

コメント

タイトルとURLをコピーしました