ゲーム

PS5(プレイステーション5)の詳細スペックが発表。PS4との後方互換!価格や性能は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本時間の3月19日午前1時、ついにSONYの次世代ゲーム機「PlayStation5」の詳細スペックがPlayStationの公式YouTubeチャンネルにて発表されました。

今まで伏せられていたハードウェア面のスペックは、今回の発表でほぼすべて明らかになった状態です。

早速、PS5の詳細スペックについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PS5(プレイステーション5)の詳細スペック

PlayStation5
CPUZen2 8コア @ 3.5GHz
GPU10.28TFLOPs
36CUs at 2.23GHz
GPUアーキテクチャカスタム RDNA 2
メモリ16GB GDDR6
メモリバンド幅448GB/s
内部ストレージ825GB カスタムSSD
入出力転送速度5.5GB/s(RAW)
Typical 8-9GB/s
拡張可能ストレージNVMe SSDスロット
外部ストレージUSB HDDに対応
光学ドライブ4K UHD Blu-Rayドライブ

高速SSD採用で読み込み時間の大幅な短縮

PS5(プレイステーション5)では高速のSSDが搭載され、ゲーム読み込みの待機時間が大幅に短縮されます。
次世代機のPS5に搭載されているSSDは2GBのデータを約1/4秒(0.27秒)で読み込めるようになります。

PS4に搭載されているHDDでは1GBのデータを読み込むのに20秒もの時間を要していました。

SSDの高速化によってゲーム設計の自由度も高まり、近年トレンドとなっているオープンワールドゲームにも更なる進化が期待できます。

PS4との後方互換

PS5はPS4との後方互換性があることも発表されました。
PS4にはPS3との互換性は無かったので、PS5にPS4との互換性があるのは大きなサプライズでした。

PS5のチップにはPS4との互換性があり、互換性を確保しながらもコストを抑えられるようです。

PS3はPS2との互換性を確保するため、無理矢理チップを搭載していたため、コスト面での問題がありました。

PS4 Proとの互換性もあるため、PS4 Pro ENHANCED対応のソフトでは、より高画質でプレイすることも可能です。

視聴環境に応じたバーチャルサラウンド

PS5では「音」も大幅に進化します。
ヘッドセット、スピーカーなど、視聴環境に応じたバーチャルサラウンドに対応しているようです。

PS4、PS5、Xbox Series Xのスペック比較

PS4PS5Xbox Series X
CPUJaguar 8コア @ 1.6GHzZen2 8コア @ 3.5GHzZen2 8コア @ 3.8GHz
GPU1.84TFLOPs
18CU @ 800MHz
10.28TFLOPs
36CUs @ 2.23GHz
12TFLOPs
52CUs @ 1.825GHz
GPUアーキテクチャカスタム GCNカスタム RDNA 2カスタム RDNA 2
メモリ8GB GDDR516GB GDDR616GB GDDR6
メモリバンド幅176GB/s448GB/s560GB/s
内部ストレージ500GB HDD825GB カスタム NVMe SSD1TB カスタム NVMe SSD
入出力転送速度50-100MB/s5.5GB/s(RAW)
Typical 8-9GB/s
2.4GB/s(RAW)
Typical 4.8GB/s
拡張可能ストレージなしNVMe SSDスロットNVMe SSDスロット
外部ストレージUSB HDDに対応USB HDDに対応USB HDDに対応
光学ドライブBlu-Ray ドライブ4K UHD Blu-Rayドライブ4K UHD Blu-Rayドライブ

スペック面ではXbox Series Xが優位

PS5は、PS4からスペック面では順当な進化を遂げているようです。
CPUやGPU性能に関しては、最新のハイエンドゲーミングPCに匹敵するほどの性能があります。

ただ、ライバルとなるMicroSoftの次世代ゲーム機「Xbox Series X」との比較だと、スペック的に若干劣っているのは否めません。
実際のゲームプレイで大きな違いが出るほどのスペック差ではないですが、より高いスペックのゲーム機を求めるユーザーには「Xbox Series X」の方が魅力的に映るかもしれません。

PS5の発売日や価格

発売日については、現時点では「2020年の年末商戦期に発売」という情報だけ発表されています。
11月中旬~12月上旬あたりの発売になることが予想されます。

価格については、まだSONYからの正式なアナウンスはされていません。
ただ、製造コストが約5万円かかると報じられており、本体価格はそれ以上になることが予想されます。

まとめ:順当な進化を遂げたPS5

スペック面では順当な進化を遂げつつ、PS4との後方互換というサプライズもありました。
PS2、PS3との互換性も欲しかったですが、さすがにそれは欲張りすぎな気もします。

今回の発表で詳細スペックも明らかになり、年末の発売への期待がより一層高まりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOXIC BASE

コメント

タイトルとURLをコピーしました